LEDにしよう!蛍光灯から切り替えるメリット3選

admin   2015年8月22日   LEDにしよう!蛍光灯から切り替えるメリット3選 はコメントを受け付けていません。

節電効果が高いLED

白熱電球から蛍光灯への切り替えによって大きく節電効果が得られたことはよく知られていることでしょう。それと同様にしてより節電が期待できるのが蛍光灯からLEDへの切り替えです。LEDは蛍光灯よりも消費電力が低いことに加えて、電源のオン・オフによる大きな電力消費がないという特徴があります。そのため、長時間つける場所の照明でも、つけたり消したりすることが多い照明でも高い節電効果を期待するこことができるのです。

長期間交換不要なLED

LED照明のメリットの一つとしてその長寿命さがあります。蛍光灯にも長寿命の製品が次々に登場してきていますが、それをはるかに凌駕する寿命の長さがあるのがLED照明です。そのため、よく使う場所や交換が難しい場所の照明に適しています。大広間のシャンデリアやリビングの照明はもちろんのこと、突然消えてしまったら困るお風呂やトイレの照明にもうってつけです。実質上、数回の交換で一生使えるのが魅力的な点でしょう。

明るさも変えられるLED

LED照明の特徴として明るさの調節も可能であるという点があります。蛍光灯にはオンかオフかという違いしかありませんが、微妙な明度の調整を行えるということにLEDのメリットがあるのです。リビングや寝室の雰囲気を変えたいというときにLEDの明るさ一つでそれを実現することができるため、住んでいる部屋に大きな変化をもたらすことが可能です。そういった工夫に利用しやすいのがLED照明を利用するメリットの一つです。

LEDライトパネルは薄型で軽量なのでスタンドや壁掛けなど用途に合わせて、色々な設置方法が簡単に出来ます。